dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

ファスティング中にカフェインやアルコールはNG!

酵素ドリンクでファスティング(断食)を行うとき、摂取してはいけないものがあります。
それはカフェインとアルコール。
そこで今回は、なぜファスティング中にカフェインやアルコールがNGなのかをご説明します。

bf82e83a3af0d490323b5bdcfad9f9ef_s

カフェインがNGな理由

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

胃を刺激する

空腹の時にコーヒーを飲んで、胃に不快感を覚えたり、吐き気がしたこと、ありませんか?
実はカフェインには、胃を刺激する作用があるのです。
ファスティング中の、胃が空っぽの状態でカフェインを摂ると、胃に負担が掛かってしまいます。

利尿作用がある

ファスティング中は酵素ドリンクか水を飲んで過ごすことになります。
そんな時に利尿作用のあるカフェインを摂ると、脱水症状を起こしていまう可能性があります。

酵素が奪われる

カフェインは消化するのに時間が掛かります。
なのでその分、消化のためにより多くの酵素が必要となってきます。
これではせっかくの酵素ドリンクの効果も薄れてしまいますよね。

カフェインが含まれる飲み物

・コーヒー
・紅茶
・緑茶

などの飲み物にはカフェインが含まれています。
「ノンカフェイン」の表示があるものには含まれていません。

アルコールがNGな理由

17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s

ファスティング中にアルコールがNGな理由も、カフェインと同じ理由となります。

・空腹時にアルコールを飲むと内臓に負担が掛かる
・利尿作用がある
・酵素を大量に消費する

アルコールの場合はこれに加えてもう一つあります

肝臓に負担が掛かる

肝臓には、摂取した栄養を蓄え、エネルギーとして供給する「代謝」という働きがあります。
また、体内に溜まっている有害物の解毒も行ってくれます。
ファスティング中は固形物を摂らないため、解毒作用が活発になりますが、ここでアルコールを飲むと、アルコールの分解が優先されてしまうのです。

酵素ドリンクによるファスティングには、体内の毒素を排出するデトックス効果がありますが、アルコールを飲んでしまってはその効果も薄れてしまいます。
肝臓に負担が掛かって代謝の機能が落ちると、酵素ドリンクに含まれている栄養素も上手に処理できなくなってしまいます。

ファスティング中、どうしてもお酒が飲みたくなったら…

ファスティング中にどうしてもお酒が飲みたくなった場合は


・酵素ドリンクを炭酸水で割る
・ノンアルコールのビールを飲む

という方法で気を紛らわせることが出来ます。
お酒が飲めなくてストレスが溜まるよりはいいですからね。

ファスティング中はカフェイン・アルコールを控えよう!

ファスティング中にカフェインやアルコールを摂ると


・胃や肝臓など、内臓に負担が掛かる
・利尿作用による脱水症状の危険性
・カフェイン・アルコールの分解に酵素を奪われる

と、せっかくファスティングをしても効果が薄れ、体への負担も大きくなってしまいます。

ファスティング中は、カフェインやアルコールを控えましょう。


関連記事


無添加酵素ドリンク人気ランキング


おすすめ記事